トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品カテゴリ
商品検索
キーワード
価格範囲
円〜

 

 お得意様リンクページ

 

 img4.gif

俵屋工房本店HP

 

旧俵屋工房ホームページロゴ

旧・俵屋工房HP

描画材料研究資料掲載

非会員の方も閲覧できます

 

img6.gif

高橋メソッド

中津美術研究所

 油彩画三大様式が学べる

 唯一の美術研究所

美大を出たら高橋メソッド

 

伝統の10色以内で描く

名画のレプリカ展

俵屋工房・国宝複製事業

記録資料同時展示

  

美大で学べなかった技術を

自ら調査・検証

俵屋工房推奨絵画サイト

<弊社出張売店所あり>

 

俵屋工房

フェイスブック

お友達リクエストを

お待ちしています。

 

ユーチューブ

俵屋工房com. 

 

  

 

基底材・支持体 > キャンバスセット[純麻]
カテゴリ一覧
桐枠+麻布[単品]
桐枠+麻布[単品]
桐木枠と麻布(カットキャンバス)のキャンバス二点セットです。
桐枠+麻布[2本組セット]
桐枠+麻布[2本組セット]
[木枠と麻布のキャンバス二点セット]の二本組セットで、さらに手頃な価格に

木枠と麻布 キャンバス二点セット

この商品の詳細へ

キャンバス地[中目(厚口)]のサンプルへ

 

 ■公募展などへの「出品控え」

低迷する経済状況下、公募展などへの「出品控え」が懸念されています。

展覧会への出品には、画材費・搬入搬出費・レセプションなどへの参加費・会場までの交通費〜滞在費・・

など、出品量以外の出費が伴います。どれも切り詰めることが出来ない必要経費です。「どれかひとつでも

出費を抑えられれば・・、出品出来るのに」「〜会場への交通費や搬入費に当てられるのに・・」というギリ

ギリの選択に迫られているケースも増えています。

 

■公募展は画家への大切な登竜門

2008年の秋、俵屋工房は公募展を視察しました。どの団体も開催初日は盛況でした。しかし、平日に

なると会場は閑散としていました。今の経済事情が続けば、公募展の衰退にも繋がりかねません。

展覧会に出品すること、あるいは美術団体に所属して活動することは、美術に携わるものにとって、とても

有意義なことです。

 

■「出品控え」に朗報を・・何事(出品)も継続が宝

商品の発売前に市販キャンバスの市場調査を行いました。俵屋工房では、普段、素材からの手作りした

ものを使っていますので、市販品の価格について認識していませんでしたので、正直その価格に驚きました。

「これでは、大作を何点も制作することは、画学生のみならず、社会人でも大変」と思いました。

「せめて50号で5千円台、100号で1万円位が理想」

・・そして行き着いたところが本商品のキャンバスと木枠の[キャンバス二点セット]です。

 

■品質

一般の既製品キャンバスは、例えば、乾性油+鉛白=非吸収性油性地が高級品と位置づけられている

ようですが、はたしてその根拠はどこにあるのでしょうか。本製品は合成樹脂によるエマルジョンですが、

絵具層あるいは作品全体のバランスからすれば、乾性油による油っぽい地塗り製品よりも、安心かつ

手軽に使えます。

 

*油性キャンバスをそのまま使うには勇気が必要。支持面を研磨するなど、前処理することで剥離等の

問題を軽減させることができます。

 

*当工房では[A−LINEキャンバス]への絵具塗布後10年間の経過を追いました。設置4年目からは、

寒暖が激しく多湿(動物性の黒はすべてカビが発生するレベル)の環境に設置しての調査です。

特に市販のキャンバスによる重度の変質のひとつである[基底材(布)と地塗り層の剥離やカビの発生]に

注目しましたが、絵具の固着力や剥離等を含め、特記すべき変質事項は皆無でした。

 

 

 

この商品は、当店の植樹活動協賛商品です。

 

 

 

    

 

画心(エコ)作品]の刻印は、弊社における植樹活動協賛商品であると共に、

自然を大切にする作者による作品であることの証です。

 

(資)俵屋工房は、どんぐりから木を育てて山に植える[NPOどんぐりの会]の会員です。 

 

 

***********************************************************************

 

*桐木枠と綿化繊混紡で、さらに低価格に

 

大型 大作 キャンバス

大型キャンバスを常用する方のための[苺の会]を結成

面倒な入会手続は不要。会員の方ならば、どなたでもご利用いただけます。

 

 

 

木枠の組み立て方とキャンバスの張り方

 

高画質・大画面はYou Tube tawarayakoboへ

*画面をダブルクリックでもリンクします