研究所案内 入学希望の方へ 在学生の方へ 展覧会・講習会 お問合せ 表 紙
 所長紹介


略 歴

略 歴


1961年 東京で生まれる  1971年 油彩画を学び始める
 72-74 作品常設展示販売(東京・青山画材)
 78-84 主な展覧会:個展(東京・銀座/同画廊企画展)/海外展(国立台湾博物館)
      新鋭作家選抜展(東京・新宿/現:損保ジャパン美術財団奨励展)
1985年 池上絵画教室設立(東京・池上)
  87年 油彩画技法教則を創案後、高橋メソッド・池上美術研究所に改名
      主な発表会[88年-02年]高原書店(東京・町田)
      ギャラリーラミア(東京・青山)/サエグサ画廊(東京・銀座)
      大倉山記念館(神奈川県・横浜市)
  88年
裏側から見た絵画の世界」(矢切書房)出版・国会図書館蔵書版
     
俵屋工房開業
  94年 (独)シュミンケ社ムッシーニ絵具、日本語版カタログ解説の依頼を請ける
     カタログ内にて油絵具を“樹脂油彩絵具=レジン オイルカラー”と命名する
  95年[
ルーベンスの技法/ビデオ]を出版
     (資料提供 ロンドン ナショナルギャラリー/学校図書)
  98年 (独)Dr. KREMER社製品の調査実験開始
2000年 (独)Dr. KREMER社製品の輸入開始
  01年 バルサムピアノ復元製作(グランドピアノの響板への松脂塗布)を行う
  04年 乃村工藝社より完全手彩色による再現模写制作の依頼を請ける
     [親指のマリア(東京国立博物館蔵)]着手
  05年 乃村工藝社に[油彩画部門]が新設され俵屋工房が初代登録工房となる
      年末[親指のマリア]完成。長崎歴史文化博物館蔵となる 
  07年 ローマ法王グレゴリオ13世が描かせた[伊東マンショの肖像画]
     [メスキータ神父の肖像画]各二点の複製画完成
     長崎歴史文化博物館蔵となる


 現在 俵屋工房代表(乃村工藝社・油彩画部門登録工房)
     高橋メソッド 中津美術研究所主宰
 
 ■主な作品展示先
 三田証券竃{社(東京・中央区日本橋茅場町) シンニッタン東京本社(神奈川県)
 
長崎歴史文化博物館/長崎奉行所ゾーン(長崎県長崎市) 

 

 俵屋工房内(撮影05.12)
 制作中の作品は[親指のマリア]
高橋亮馬の仕事
Copyright (C) 2001-2005 Takahashi method Institute of art. All rights reserved.
高橋メソッド・中津美術研究所